OTHERS
その他

GX100

GX100の投稿画像01

3種類の運用形態が選べるオールモード車載型特定小電力無線機。あらゆる業種のご要望に対応します。

ブランド waveCSR
種類 その他
PDFダウンロード 公式ホームページへ

同時通話のフルデュープレックスモード(同時通話機能)

フルデュープレックスモードは、電話と同じように聞きながら話すことができる同時通話方式です。接続は最初にコールボタンを一回押すだけ。ハンズフリーで連続した通話が可能です。GX100同士またはP2010と通話が可能です。

MCA方式
空きチャンネルを自動的に探すMCA(マルチチャンネルアクセス)方式を搭載。空きチャンネルを探す手間が不要です。

多彩な呼出し
<コード番号と一斉呼出し>
基本的に通話は相手と二人一組の通話ですが、二組以上でもコード番号をそれぞれ変えておけば、同じコード番号に合わせた者同士が通話できます。
さらに全員に対して通報する一斉呼出しも可能です。
<他者通話のモニター>
通常はコード番号A-01同士の会話を、A-02の人が聞くことはできませんが、「モニター接続設定」を変更することにより、A-01同士の会話をA-02の人が聞けるようになります。

手軽に使えるシンプレックスモード(トランシーバー機能)

交互にPTTキーを押しながら話をするシンプレックスモードです。P1500を始めとした、シンプレックスの特定小電力トランシーバーと通話が可能です。

トーンスケルチ
もしチャンネルがかぶってしまっても、不要な電波の音声出力を防止するトーンスケルチを搭載しています。

VOX機能
音声の入力を感知して自動的に送信状態になるVOX機能を搭載。シンプレックスモードでありながら、ハンズフリーで通話が可能です。

広域通信を可能にするリピーターモード/セミデュープレックスモード(中継通話機能)

GX100がリピーター(中継器)になり、子機の電波を中継することで、通話エリアを拡大できます。使用できる子機はGX100、P1500、B1500などです。リピーターにするGX100はリピーターモード、子機にするGX100はセミデュープレックスモードで使用します。

基地局機能
リピーターモードのGX100に、スピーカーとオプションのマイクを接続すると、子機との通話も可能です。